お茶,静岡茶,抹茶スイーツ販売中 創業200年、美味しいお茶にこだわる静岡の製茶問屋

緑茶の知識
お茶のいろいろ
お茶は、作り方(製法)によって大別されますが、もとは一緒。我々が慣れ親しんでいる緑茶も、紅茶も、烏龍茶も同じ木から作られていることをご存知ですか?カメリアシネンシス(学術名)というツバキ科の木から作られています。(それぞれ緑茶、紅茶、烏龍茶に合った品種があります。)

緑茶とは…
摘み取った茶葉を蒸散加熱して発酵を止め、乾かしながら揉んでいくお茶です。※葉の酸化が止まり、葉の中の酵素が発酵しなくなります。そのようにして緑色を保つように作ったお茶が緑茶です。
緑茶の製法は「蒸し」と「釜炒り」
生葉を釜で炒って加熱し、発酵を止めるこの製法は、九州に見られる独特の製法です。一般的な緑茶のほとんどは蒸してつくられます。(蒸し製) 煎茶、玉露、てん茶(抹茶)、番茶、玄米茶、焙じ茶、、茎茶、粉茶、芽茶、などが蒸して作られた緑茶です。

煎茶:日本茶の基本はやっぱり煎茶!
日本茶の代表で、緑茶の85%を占めます。甘・苦・渋のバランスのとれた香味。普通煎茶は形があり綺麗だが、深蒸し茶は蒸し度が強く、粉っぽく葉が細かいがコク味があり、色も濃く綺麗です。

玉露:特有の甘味をもった高級茶の代名詞
茶畑を覆うことで、あえて日光を遮り葉緑素を増加させ、鮮やかな緑色と独特の甘み、旨味をもつ高級茶。代表的な玉露産地は宇治(京都)、朝比奈(静岡)、八女(福岡)になります。

抹茶:茶葉の風味をそのまま楽しむお茶
茶道に用いられるお茶として有名です。日光を遮って栽培するところまでは玉露と同じですが、揉まずに乾燥した碾茶をひいて粉状にしたお茶です。

番茶:健康成分たっぷりの飽きのこない体にやさしいお茶
煎茶と同じ製法で作られますが、新芽を摘んだ後の残り葉や夏から秋にかけてのかたい大きな葉、茎などを使います。カフェインが少なく、胃にやさしいお茶です。

焙じ茶:食後にピッタリのさっぱりとした香ばしいお茶
煎茶や番茶を焙じたお茶で、茶葉は茶色ですが発酵させていないので緑茶になります。苦味や渋味がなく、カフェインも少なく、香ばしいサッパリした味です。

くき茶:青々とした香り、爽やかな味わいは高級茶にも負けない!
煎茶の製造工程で茎(茶棒)を取り除く工程で集められたお茶です。地方によって雁音(かりがね)、折鷹(おりたか)、白折(しらおれ)と呼び名が異なります。

粉茶:おすし屋さんの「あがり」でお馴染みのお茶
煎茶や玉露の製造工程で粉(細かい茶)を取り除く工程で集められたお茶です。サッと熱湯を注ぐだけで、濃厚なお茶がすぐに出来上がります。

玄米茶:香ばしい香りの玄米をお茶にブレンドしたお茶
炒った玄米を煎茶や番茶に混ぜたお茶です。香ばしい香りが特長です。

芽茶:お茶の風味がギュッとつまったお茶
煎茶や玉露を作る過程でできるお茶。新芽や葉の先端が切れたもので、クルクルと丸まった茶で、旨味の中にも、苦味や渋味のあるお茶です。

煎茶


玉露


抹茶


番茶


焙じ茶


玄米茶


日本茶は全国いたるところにあり、各々特長を有しております。温暖湿潤気候の日本では 冷暖豊で雨も多く、狭い国土に多くの河川が形成されている風土が全国至る所にあること から、寒冷の北日本を除けばほぼどこにでも茶畑栽培は可能です。
日本のお茶-全国いたるところにあり、各々特徴を有しています。

水について   美味しいお茶=美味しい水
紅茶や烏龍茶は香り、味が強いため、さほど水にはこだわらなくとも美味しく飲めますが、鮮度が命の日本茶は、水の含有成分により、ずいぶんと味が変化します。水道水よりも地下水、天然水、ミネラルウォーターの方が良いことはいうまでもありません。(軟水のもの)。具体的には井戸水や湧水、天然の清流ですが、地域によっては汚染されている水もありますので、都市部では市販のミネラルウォーターが手軽で良いでしょう。

「お茶どころの水はお茶に適している」と昔から言われています。静岡をはじめ全国のお茶産地にお住まいの方は、ぜひ茶畑周辺の自然水をお使いになってみて下さい。(役所や保健所等で自然水の安全具合をお調べになってからお使いください。)日本の水は軟水なので一般に適していますが、硬度の高い硬水やph値の高い水は不向きです。(ミネラルウォーターでも硬水は避けること)。外国産のミネラルウォーターは使用せず国内のものを使用することをおすすめいたします。

お茶に関する諺(ことわざ)
日常茶飯事の諺の通り、お茶は私達の生活に欠かせない非常に親しい飲み物です。
滅茶苦茶
まずいやり方を指して滅茶苦茶といいます。どんな高級茶でも淹れ方が悪いと苦いお茶になってしまう。淹れ方次第で茶は滅する、苦茶(苦いお茶)になるという意味です。
朝茶に別れるな 朝、お茶を飲むのは体によいということです。この他にも朝茶の諺は朝茶は三里帰っても飲め、朝茶を飲み忘れたら12キロの道のりを引き返してでも飲みなさいといった諺。
茶腹も一時
お茶を飲めば空腹を一時しのげるという意味です。お茶には刺激物のカフェインが入っていますから、空腹時に飲むと胃に負担がかかる場合があります。そのため、お茶請けは空の胃を刺激しないようにする先人の智恵です。
一期一会
千利休の弟子、山上宗二(やまうえそうじ)がお茶会の心得として使った言葉です。「生涯でたった一回の出逢いだと思ってお茶会にのぞみなさい」という意味です。。

緑茶と長寿
還暦、米寿、白寿の次は何寿かご存知ですか? 還暦は60歳、米寿は88歳、白寿は99歳と、ここまでは皆さんよくご存知だと思います。白寿の次は「茶寿」108歳を祝う言葉です。「茶」の字の草かんむりが十十だから、10+10で20.つくりの部分を分解すると八十八だから88。20+88で108というワケです。 お茶は、長寿を祝う目出たい言葉なのです。緑茶にはカテキン、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンなど抗酸化作用の成分が多く含まれています。抗酸化、つまり酸化を抑制する成分です。老化は、呼吸によって体内に取り込まれた酸素が活性酸素に変化し、その活性酸素によって細胞が酸化することで進行することが医学的に分かってきました。緑茶は活性酸素の働きを抑制する成分を含んでいます。 その昔に薬として広まった緑茶。化学も医学も乏しかった頃、僧侶たちは知っていたのですね。「お茶好きは老けない」という諺もあり、昔の人の知恵には感服するばかりです。薬剤と違い、緑茶には副作用がありませんから、緑茶で「茶寿」を迎えられるよう毎日お茶を飲みましょう。

宵越しのお茶は体に毒!緑茶は鮮度が命!こまめに茶葉を取り変えて下さい。

茶葉の中には、殺菌作用に優れたタンニン(カテキン)が多く含まれる一方、腐敗しやすい性質をもつタンパク質も同居しています。お茶を入れると、水溶性のカテキンはお茶の液の中に溶け出していきますが、タンパク質は水(お湯)に溶けないため、茶葉の中にとどまっています。一煎目を出した後の茶葉には、まだまだ多くのカテキンも残っていてタンパク質を腐敗から保護しています。しかし、二煎目、三煎目と進むに連れて、茶葉の中のカテキンの量が少なくなるため、やがてタンパク質が腐敗を起こし、食中毒などを起こす要因となります。それが「宵越しのお茶は毒」といわれる由縁です。ですから詳しく述べますと、「二煎以上淹れた急須で、時間をおいてもう一煎飲もうとするのは体に毒」ということになります。理屈では、カテキンの殺菌作用が効いていますので、一煎入れただけの急須なら半日くらい経ってもう一煎淹れても大丈夫でしょうし、湯飲みに注がれた一煎、二煎目のお茶も半日くらいは十分もつということになります。ただし、食品というのは何に限らず、不安を感じたら口にしないのが賢明です。特に夏場は腐敗が速く進行するので要注意です。ちなみに、買い置きの茶葉が古くなった場合に、それを使うと体に毒かどうかということに関しては、茶葉には水分が約3%くらいしか含まれていませんので、腐ったりカビが生えるといった顕著な劣化は進行しません。古さの程度にもよりますが、有害物質が生成される心配はないとみていいでしょう。お茶のパッケージには賞味期限が記されていますが、あくまでも美味しく味わうための目安です。美味しさのもととなる成分は、長く空気に触れることにより酸化したり、温度や湿気の影響を受けたりします。古くなると風味が落ちるだけでなく、ビタミンCが失われるなど、健康飲料としての魅力も色あせていきます。 【JTB   日本茶めぐりより】

美容と健康のお茶
お茶は昔ながらの美容・健康飲料です!
栄西が著した「喫茶養生記」には、「茶は養生の仙薬なり。延齢の妙術なり」と記されています。現在では、嗜好品として用いられているお茶も、鎌倉時代では、薬として飲まれていました。近年でも、お茶に含まれる様々な効能効果が科学的にも明らかにされています。世界的にも、生活習慣病予防に日本茶は健康飲料として注目が高まっています。

お茶に含まれる健康・美容成分の効能効果
カテキン 抗酸化(老化防止)、抗突然変異、抗ガン、血中コレステロール上昇抑制、血圧上昇抑制、血小板凝集抑制、抗菌(食中毒菌、コレラ菌、O-157など)、虫歯予防、抗ウィルス、抗アレルギー
カフェイン 中枢神経興奮、眠気防止、強心、利尿、代謝促進
テアニン 血圧降下、脳・神経機能調整、ストレス解消
ミネラル フッ素、虫歯予防、亜鉛・マンガン・銅・セレン:抗菌化、ガン予防
フラボノイド 血圧璧強化、抗菌化、抗がん、冠状動脈心疾患予防
ポリサッカサイド:血糖上昇抑制
サポニン 抗喘息、抗菌、血圧降下
ビタミンC 抗壊血症、抗酸化、抗がん、風邪予防、白内障予防、抗アレルギー、免疫強化
ビタミンB 口内炎予防、抗酸化
食物繊維 便秘防止、大腸ガン・心疾患・糖尿病などの予防
タンパク質 栄養素
βカロテン ビタミンAの供給、抗酸化、抗ガン、心疾患、白内障などの予防、免疫増強
ビタミンE 血行促進、抗酸化、抗ガン、心疾患、白内障などの予防、免疫増強
クロロフィル ガン予防、抗突然変異、抗潰症
お茶にはカテキンやビタミンが豊富に含まれ、美容と健康には欠かせない飲み物です。生活習慣病の予防も期待でき、毎日愛飲したい食品です。
カテキン:緑茶に含まれる成分の中で、優れた効用をもつということで、注目される成分です。効能としては、抗酸化、老化防止、抗ガン、抗菌、コレステロール や血圧、血糖値上昇抑制があります。タンニンやポリフェノールともいわれます。カテキンは渋味として感じられる成分です。
ビタミンC レモンの3〜5倍の含有量があり、緑茶に含まれるビタミンCは熱に強いという特長があるため、熱湯で淹れたお茶でも安心です。美肌効果やストレス解消、風邪予防が期待できます。
テアニン 甘味、旨味成分(アミノ酸の一種)で、お茶の美味しさには重要な成分。ストレス解消やリラックス効果が期待できます。上級茶程多く含まれる成分。

ページトップへ▲

配送料

ヤマト運輸・佐川急便
北海道・四国・九州・沖縄県は700円(税込)、それ以外の地域は500円(税込)を申し受けます。
5,400円以上お買い上げの場合、無料となります。

お支払い方法について

・郵便振替・コンビニ決済(後払い)
手数料は当社が負担いたします。商品と一緒に届いたご請求書にてお支払ください。
※2回目のご注文よりご利用いただけます。初めての方は申し訳ございませんが、他の決済方法を選択してください。

・クレジットカード
VISA・diners club・master・JCB・american EX

・代金引換
代引手数料300円を頂戴します。

・銀行振込み
振込手数料はお客様負担とさせて頂きます。注文後30日入金がない場合はキャンセルとさせていただきます(初めてご注文のお客様のみ)。

日時指定について

ご指定日がございましたら、ご注文日から5日目以降でお願いします。
※ご注文状況によって、変更になる場合もございます。

時間指定は、下記の時間帯からお選びいただけます。
日時指定について

納期について

ご注文日から5日以内にお届けいたします。

一部出荷が遅れるご注文に関してはメールにて納期のご連絡をいたします。

※商品発送時期については細心の注意を払っておりますが、交通事情・天候等により遅れる可能性もございます。

返品・交換について

商品到着日より7日以内の初期不良の場合の返品・交換の際の往復送料は、当社にて負担いたします。

お客様のご都合による返品・交換の場合、送料はお客様のご負担とさせて頂きます。

個人情報のお取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所氏名、メールアドレス、ご購入アイテムなど)を、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。
詳しくはこちらをご確認ください。

お問い合わせ先

有限会社真茶園
〒426-0023
静岡県藤枝市茶町1丁目10番29号
TEL:054-641-7189
FAX:0120-80-7189
E-MAIL:shincha-en@ny.tokai.or.jp

有限会社真茶園

ページトップへ▲