お茶,静岡茶,抹茶スイーツ販売中 創業200年、美味しいお茶にこだわる静岡の製茶問屋

創業200年 真茶園の歴史

東海道53次「藤枝宿」での茶店 真茶園の創業は、江戸の寛政時代で、以来200年以上を数えます。四代目重兵衛時代には、東海道五三次沿いに「茶店」を出し、たいそうな繁盛ぶりでした。その後、六代目真一の時に現所在地の茶町に製茶工場を建てます。
茶畑が隣接する地の利と、老舗の製茶伝統技術をもって、全国に「静岡茶」の製造卸し販売を展開してきました。七代目の亡き後、松田家の長男である真彦が八代目として後継します。代々、けして商才に焚けているとは言い難く、まじめに商売に取り組んできたものの、大きな店になることなく、「大きくなることより永く続くこと」に価値を重んじています。それは、「大量生産すれば自ずと乱造になり品質が低下する」と代々伝承されてきたからでしよう。

当主のお茶へのこだわり

真茶園八代当主 松田真彦“おいしい料理はその材料の仕入の良し悪しで決まる”と名コックの間で語り継がれてきた格言です。お茶もこれと全く同じことがいえるのです。我々製茶問屋は一次加工品である荒茶を仕入して自社製にて二次加工し緑茶となりますが、この時の仕入力量がおいしいお茶になるための最大の条件です。この仕入業務は、春先の新茶期に毎朝3時起きをして荒茶の買い付けをすることです。ここでは、一切の妥協もせず、良い荒茶選びに真剣です。人より先んじて良い買い付けをしなければなりません。また私は、荒茶を造ってくれる茶農家への指導にも情熱と責任をもっております。今契約している茶農家さんはおいしい荒茶造りにコダワリとブライドを持った人ばかりです。本当に艮い茶農家さんが真茶園を支えてくれています。

ページトップへ▲

「美味しいお茶」づくりは、良い「仕入れ」から

第41回全国大会にて、優勝。農林大臣賞一概に、「美味しいお茶」と言っても、そこには飲む人の嗜好もあるし、作り手のやり方もある。だから、美味しさの単純な比較はできないが、誰もが認める客観的な指標が必要であろう。それは、「仕入が良いか」に尽きる。どんなに優れた製茶技術でも、元の原料茶(荒茶)が良くなければ、「美味しいお茶」にはならないであろう。まずは、お茶の仕入の技量が問われると思う。お茶の業界に「茶審査技術競技大会」がある。これは、お茶の産地、茶期、品種などを鑑定審査する権威あるコンテスト。真茶園当主の松田は、第41回全国大会で、優勝を修め農林大臣賞を受賞している。

茶業界公認の茶審査技術7段位(松田真彦)小松原義弘(6段)、小泉純也(6段)鈴木松吾(6段)4人もの高段位者を輩出しているのも日本の実績。その以前の大会においても、全国大会に出場すれば、必ずベストテンに入っていた当時では実カナンバーワンの茶匠であったから、優勝は必然であった。お茶の鑑定の技が、お茶の仕入技量と直結する。
だからこそ、真茶園の仕入するお茶は、まさに日本一ということになろう。ここに真茶園の最も大きなこだわりがある。

日本茶インストラクター認定証 茶業中央会公認の資格
『日本茶インストラクター』
お茶の知識を有し、緑茶教室を開くことのできる資格。真茶園では、松田当主だけでなく、小松原義弘、小泉純也、鈴木松吾の4人もの日本茶インストラクターがいる。また、いつも電話でお話しをさせていただく女性スタッフらも「日本茶アドバイザー」という資格を有しているので、お茶の情報をお伝えできる「頼れる女性」です。
日本茶インストラクター協会

ページトップへ▲

真茶園のお茶が美味しい4つの理由

・利き茶(茶葉鑑定)日本一の茶匠が厳選しているから
・創業200年の老舗に伝わる伝統技術があるから
・製茶工場から作りたてをお届けできるから
・流通カットのコストのかからない直販だから

「お茶作り、人作り」これが私の理念です

数々の受賞の実績を有する真茶園「ややもすると、工場で働く職人さんやパートさんは受け身な労働になりがち。毎日同じ作業の繰り返しでマンネリ化してしまう。しかし、それでは働く人がイキイキしていないし、そこから良い商品も作れない。」ずっと若い頃から感じていました。
そこで、私だけでなく社員さんにも日本茶アドバイザー」「日本茶インストラクター」「茶審査技術段位」などの資格にチャレンジしてもらおうと教え続けてきました。そして、彼ら彼女らもがんばって、たくさんの取得者を真茶園から輩出することができ、毎日元気に誇りをもってお茶の仕事に励んでいます。

ページトップへ▲

真茶園のこだわり茶はこうして造られます

真茶園契約の茶畑(一部)
一年間、妥協することなくしっかりと管理された茶畑。
有機肥料をタップリと施し減農薬栽培に努めている。

「荒茶」の鑑定をする。
お茶鑑定技術日本一の松田
(当主)の厳しい審査に合格した荒茶だけ仕入される。

松田(当主)が厳選仕入した荒茶を職人さんに渡して仕上製茶にかけられる。大型機械、自動機械がない真茶園では手作りが基本。

老舗にない「引き出し式棚乾燥機」(右)と丸胴式ホイロ火人機でじっくりと焙煎されコク味が引き出されていく。

ページトップへ▲

ページトップへ▲

配送料

ヤマト運輸・佐川急便
北海道・四国・九州・沖縄県は700円(税込)、それ以外の地域は500円(税込)を申し受けます。
5,400円以上お買い上げの場合、無料となります。

お支払い方法について

・郵便振替・コンビニ決済(後払い)
手数料は当社が負担いたします。商品と一緒に届いたご請求書にてお支払ください。
※2回目のご注文よりご利用いただけます。初めての方は申し訳ございませんが、他の決済方法を選択してください。

・クレジットカード
VISA・diners club・master・JCB・american EX

・代金引換
代引手数料300円を頂戴します。

・銀行振込み
振込手数料はお客様負担とさせて頂きます。注文後30日入金がない場合はキャンセルとさせていただきます(初めてご注文のお客様のみ)。

日時指定について

ご指定日がございましたら、ご注文日から5日目以降でお願いします。
※ご注文状況によって、変更になる場合もございます。

時間指定は、下記の時間帯からお選びいただけます。
日時指定について

納期について

ご注文日から5日以内にお届けいたします。

一部出荷が遅れるご注文に関してはメールにて納期のご連絡をいたします。

※商品発送時期については細心の注意を払っておりますが、交通事情・天候等により遅れる可能性もございます。

返品・交換について

商品到着日より7日以内の初期不良の場合の返品・交換の際の往復送料は、当社にて負担いたします。

お客様のご都合による返品・交換の場合、送料はお客様のご負担とさせて頂きます。

個人情報のお取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所氏名、メールアドレス、ご購入アイテムなど)を、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。
詳しくはこちらをご確認ください。

お問い合わせ先

有限会社真茶園
〒426-0023
静岡県藤枝市茶町1丁目10番29号
TEL:054-641-7189
FAX:0120-80-7189
E-MAIL:shincha-en@ny.tokai.or.jp

有限会社真茶園

ページトップへ▲